アナログ人生デジタル化     風と共に一本の道がある

18'/5月:ルーツと0~22歳, 18'/6月:83'年ワーホリでオーストラリアバイク一周26000km日記形式と写真で(約200日)19'/1月:84'年にバイクで日本一周10000km(約50日) 19'/3月:92'年末~93年2月初めのサハラツーリング (5000km)他

毎日更新 1983年 バックトゥザ 昭和58年6月8日 22歳 旅立ち 伝家の宝刀 ワーキングホリデー ワーホリ オーストラリア一周 バイク旅ブログ タイムスリップ 終活

いよいよオーストラリアへ飛び立つ大阪へ向けて、新幹線で向かいます。

福岡県福岡市の博多駅に友人のSくんとスキー部の同級生Hさんが見送りに来てくれました。喫茶店でお茶をしてから出発です。Sくんからはお土産リクエストで、エアーズロックの石のかけらを頼まれました。持って帰れるかなぁ?

いつ帰ってくるかはわからない、というちょっと不思議な感覚の旅立ちでしたが、心の半分はすでにオーストラリアにありました。

そして山口県小郡駅のホームでスキー部の先輩Iさん(私も一緒に救急車に乗った転倒記憶喪失事件の本人です)からも見送りを受けました。途中下車して改札は出ないで、しばらく話しをしました。

今日は大阪では親戚のところに泊めてもらい、明後日のフライトに備えます。

明日はオーストラリア総領事館でのビザの受け取りと、元スキー部のAくんと会う予定です。

 これでやっと長かった準備が終わります。これまでを振り返ると、スキー部では、

・どんな状況になっても諦めない粘りだらけの気力体力

・全体と部分、両方を活かすマネジメント力

・個人競技でありながらチーム戦や違う種目も存在する少し変わった組織構成力

・素晴らしい先輩方や同級生、後輩たち、他の運動部からのたくさんの刺激

これらが、このときの自分の中にしっかりと根付いていました。

そして何と言っても10歳から約10年間続けた新聞配達の経験は、

外国で働く今回は、大きな経験として携えていく伝家の宝刀です!

 行ってきま~す!

f:id:Hakatayou:20180527163208j:plain

f:id:Hakatayou:20180527163231j:plain