アナログ人生デジタル化     風と共に一本の道がある

18'/5月:ルーツと0~22歳, 18'/6月:83'年ワーホリでオーストラリアバイク一周26000km日記形式と写真で(約200日)19'/1月:84'年にバイクで日本一周10000km(約50日) 19'/3月:92'年末~93年2月初めのサハラツーリング (5000km)他

毎日更新 1982年 バックトゥザ 昭和57年 21歳 大学3年 冬~春 スキー部 ケガ 救急車 全関西学生スキー選手権大会 福岡大学 旅ブログ 終活ブログ

さあいよいよ大学の競技スキーと幹事との二刀流も最後が近づいてきました。

時々ローカルレースに出ながら3月の本大会を目指します。

実はこの年の正月に膝の十字靭帯を損傷してしまいました。3日間足を引きずっていましたが、なんとか無理矢理復帰しました。このあと毎日自己流テーピングで膝をぐるぐる巻き状態(一応専門誌で巻き方を研究しました)で1シーズンを過ごします。1、2年の時は全くといっていいほどけがをせずにできていたのですが、初のけがはこたえました。

ケガで思い出すのが幹事として2回乗った救急車の話題です。自分ではなく1度目は先輩のIさんの転倒記憶喪失事件です。斜面を滑ってほぼ平地に近いところで彼女は転倒し、割とすぐに起き上がったのですが、頭部を打ったせいか「ここはどこ?私はだれ?何があった?」状態でこれはヤバいということで、すぐにレスキューを呼びました。パトロール隊がスノーモービルでストレッチャーを持ってきてゲレンデから駐車場へ運びました。救急車を手配してもらい20数キロ先の下界の米子市へ(確か高島病院)、幸いにも大きな外傷や異常もなく入院せずに山へ戻れました。(さきほど本人に確認したところ、その日は休日で脳波をみれる先生が不在の為、打撲と軽い脳震盪であろうという診断だったそうで、投薬もなかったみたいです)

2度目は同級生のNくんの木の枝が耳に刺さった事件です。この時はレース中に彼が転倒しコース外の林へ突っ込んだ際に、偶然にも木の枝が耳につき刺さります。あたりはぽたぽたと真っ赤な血のあとがつきました。私はすぐに現場へ駆けつけて、またまたレスキューを呼び、前回同様にパトロール隊がスノーモービルでストレッチャーを持ってきてゲレンデから駐車場へ運びました。ただ今回はけっこう斜面の上のほうでしたので、下までおろすのに時間がかかりました。救急車を手配してもらい下界の米子市へ。

外傷では運よく鼓膜の損傷はなく。外耳道のきずによる出血でした。しかし神経も痛めたようで三叉神経という脳神経の一部に影響を与えてしまい。彼はこれから神経異常に悩まされます。

さて、本大会のことを書こうと思い出すのですが、ほとんど覚えていません?

全関西学生スキー選手権大会(1部校10校、2部校20数校)のアルペン種目は2種目で、滑降と回転競技です。福岡大学は当時2部でした。滑降は順位覚えていません。回転は各大学の選手が約80~100人滑り、20位以内が2本目へ進み、2本の合計タイムを競う方式です。1本目はなんとかぎりぎりの20位に残り、2本目へ進みました。合計タイムの結果16位でした。これは昨日の、大山スキー場の小椋さんが声をかけていただき近畿大学と合同練習をしたエピソードの成果だと思います。

中四国九州学生スキー選手権大会の成績は、下の写真のとうりです。

ノルディックの話は明日に。

f:id:Hakatayou:20180517081715j:plain

小さな大会

f:id:Hakatayou:20180517081718j:plain

地元のローカルレースです

f:id:Hakatayou:20180517081726j:plain

もう少しで3位 惜しい

f:id:Hakatayou:20180517081729j:plain

もう少しで3位 惜しい

f:id:Hakatayou:20180517081733j:plain

得意の滑降でミスをして総合5位