アナログ人生デジタル化     風と共に一本の道がある

18'/5月:ルーツと0~22歳, 18'/6月:83'年ワーホリでオーストラリアバイク一周26000km日記形式と写真で(約200日)19'/1月:84'年にバイクで日本一周10000km(約50日) 19'/3月:92'年末~93年2月初めのサハラツーリング (5000km)他

毎日更新 1980年 バックトゥザ 昭和55年 20歳 大学2年 夏 スキー部 夏合宿 リコール 幹事 プレイングマネージャー 福岡大学 旅ブログ 終活ブログ

夏休みがやってきました。毎年恒例の夏合宿は陸上トレーニングのみの合宿で、2泊3日でした。この年は山口県の萩で行いました。毎回2日目に30~40キロの長距離走を行います。夏の炎天下での長距離走はリタイアする者も出ることがあり、きつい思い出ばかりです。筋トレでおしりの皮が擦りむけるほどの連続腹筋(200~300回)をすると、その夜の風呂でおしりの傷がしみて叫んでいました。

そして秋になるころに、こういうことがおきます。キャプテンをしていた3年生の先輩が練習をさぼったり自覚不足が目立つようになります。夏合宿の遅刻もありましたし、クラブ全体に与える影響が徐々に大きくなっていきます。そこで、ついに我々3人の副キャプテン、会計の先輩、幹事の私でキャプテンをリコール処分してしまいます。つまり、クラブをやめさせたのです。部創設始まって以来、前代未聞の出来事です。クラブOBから呼び出しを受け説得されたりもしましたが、決定を覆すことなく副キャプテンがキャプテンになり、更に新しい副キャプテンも決め再出発となります。楽しい思い出ばかりではないのが当たり前ですが、決断の難しさを突き付けられた忘れられない出来事です。バイクで油山に登って思案したりもしました。しかし、このことで同級生の結束が強まり翌年の素晴らしい出来事につながっていくのですが、この時の我々は目の前のことで精一杯でした

 

下の写真は太ももの筋肉が徐々につき始めアルペン種目の選手らい体形になっていった時期です。ジーパンをウエストサイズで買えない体形ですね。柔軟トレーニングのおかげでなんと両足を左右に開いて上体を前屈し胸が地面につくようになりました。

f:id:Hakatayou:20180516065417j:plain

ほぼ最下位?